製薬会社の保健師求人の現状と探し方は?

製薬会社の保健師求人の現状と探し方は?

保健師は、大きく分けると行政保健師と学校保健師と産業保健師に分けられます。行政保健師というのは、保健所や保健センターなどの自治体の施設に働いている保健師のことで、学校保健師とは、学校の保健室などで働いている保健師です。そして産業保健師とは、民間の企業で働く保健師のことで、多くの製薬会社でも産業保健師を募集しています。

製薬会社で保健師を募集する目的の1つは、製薬会社で働く従業員の健康管理を目的としている場合で、これは大手企業になると今では社内に医務室を置いているところが多く、日々の健康管理や社内の健康管理などサポートなどをする仕事となります。しかし製薬会社ではその他の目的でも保健師や看護師の求人を出しています。

製薬会社では、薬を販売する他に新薬を開発することが重要な仕事であるため、新薬を作るために必要な治験の進行などをサポートする、臨床開発モニターを幅広く募集しています。臨床開発モニターには特に保健師の資格が必要ということではありませんが、医療の知識と看護の経験を活かした保健師や看護師は、臨床開発モニターとして適任で、多くの製薬会社では保健師や看護師からの優秀な転職者を待ち望んでいます。特に看護師の場合は夜勤などがあり勤務時間に不満を持っている場合が多く、それが製薬会社であれば日勤がメインの仕事となるため、一般企業である製薬会社への転職を希望する人も多くなります。保健師の場合も、産業保健師として働く場合も臨床開発モニターとして働く場合も、条件面でかなり良くなるケースも多いので、好んで大手製薬会社への転職を希望する場合が多くなります。

保健師が製薬会社へ転職する場合は、保健師の転職サイトを利用することがおすすめとなります。特に条件の良い大手製薬会社から出ている求人は、ハローワークや一般の求人雑誌には出ていない場合が多いので、非公開の求人情報を多く扱う保健師の転職サイトを利用するようにして下さい。

保健師の転職サイトでは、保健師の資格があれば誰でも利用することができて、他では見ることができない好条件の数多くの求人情報を見ることができることになります。その中には大手製薬会社の産業保健師や臨床開発モニターの募集もあるので、その中から自分が希望するいろいろな条件に合う職場を選んで応募するようにして下さい。保健師の転職サイトであれば専任のコンサルタントが丁寧なサポートをしてくれるので、安心して利用することができます。

保健師求人サイト人気ランキング