病院保健師の夜勤は多い?

病院保健師の夜勤は多い?

保健師を大きく分けると、企業で働く産業保健師と、市町村の保健所や役所で働く行政保健師と、学校で働く学校保健師の3つに分けられます。一般的には全ての保健師には夜勤がないと思われていて、実際に保健師で夜勤をする仕事はほとんどありませんが、保健師が働く職場には病院もあり、入院施設のある24時間体制の病院においては、保健師でも夜勤をしなければいけないことも良くあることです。

看護師から保健師に転職する人の多くは、夜勤に疲れて保健師になったと言う人も多く、その場合は病院保健師となる人は少なく、もし病院保健師として勤務しても、夜勤のない職場を選ぶ人がほとんどとなっています。しかし保健師として病院に雇われた場合は、夜勤がないケースの方が多いのが現実で、夜勤のある保健師の多くは、保健師という名目で病院に雇われたとしても、看護師としての業務も行っている場合が多く、その場合は看護師でも保健師でも関係なくシフトが組まれるケースが多くなっています。

しかし夜勤をすることにはメリットもあり、保健師でもわざわざ夜勤のある職場を選んで転職する人もいて、夜勤をすると必ず夜勤手当が付くことになるので、同じ病院で働いたとしても、夜勤をすることでかなりの収入の差がでることになります。病院で保健師としての仕事だけをする場合には、たとえ夜勤をしても看護師のようなハードな業務を行わなければいけないことにはならないので、できるだけ稼ぎたいという保健師なら、夜勤のある病院保健師に転職するのも良い方法だと思います。

夜勤のある病院保健師として働きたいという人には保健師の転職サイトがおすすめで、保健師の転職サイトに登録すると、夜勤のある職場を紹介してくれるだけではなく、自分の希望に合わせた収入を得られる職場を探してくれます。夜勤でしか高収入を得られないと思っている場合でも、夜勤がない日中だけの仕事でも高収入になる職場もあり、保健師の転職サイトには他では絶対に募集されていない好条件の求人をたくさん持っているので、今まで聞いたこともないようなかなりの高収入の職場も見つかることになるかもしれません。

実際に多くの保健師が転職サイトを利用して、希望以上の職場に転職をしています。病院保健師として夜勤のある職場を探している人も、高収入を得たい保健師も、自分のやりたい仕事ができる職場を探している人も、一度保健師の転職サイトに登録して、いろいろ相談してみてはいかがでしょうか?

保健師求人サイト人気ランキング