母子保健に携わる保健師になるには?

母子保健に携わる保健師になるには?

保健師になるには、看護師の資格を取った後でも保健師の養成施設で学び、保健師の国家試験に合格するとなることはできますが、最初から母子保健に携わる保健師になるためには、大学で看護師と保健師の勉強をして、国家資格を取得して行政保健師を目指すことをおすすめします。

母子保健というのは、妊娠してから出産、育児と続く長生期間において、生まれてきた子供の健全な成長をサポートするために行われるものです。母子保健は、昭和40年に制定された母子保健法に基づいて行われるもので、市町村が行う母子健康サービスは、子供がどのような環境に生まれたとしても、全ての子供には公平な権利があることとなっています。そのため各市町村ではそれぞれの地域に暮らす子供やお母さんが安心して暮らすことができるようにいろいろな活動を行っています。したがって、母子健康に携わる保健師になりたい場合には、まず最初に保健師の資格を取得することをしなければいけなくて、その後に母子保健の活動をしている職場に就職しなければいけません。

母子保健に携わる保健師の仕事は、妊娠して不安を抱えているお母さんの不安の相談に乗ったり指導を行うことや、産後の相談や指導も行うことになります。さらに子供ができない夫婦に対しての不妊治療に関する助言や相談なども行うこともあります。さらに生まれてきた赤ちゃんへの医療の給付やサポートも行うこともあります。

母子保健に携わる仕事に転職を希望する場合は、保健師の転職サイトを利用することがおすすめになります。行政保健師の募集というのは、一般的には募集されていることはなく、行政保健師になるためには公務員試験に合格しなくてはいけないという大きなハードルが出てきますが、保健師の転職サイトではたまに臨時職員の募集なども取り扱う場合もあるので、公務員試験に合格しなくても母子保健に携わる仕事に就くことができる場合も出てきます。

さらにきちんと公務員試験に合格して正規に仕事に就きたい場合でも、保健師の転職サイトではいろいろなアドバイスもしてくれて、どうすればいいのかを詳しく導いてくれるので、途中でどうしても母子保健に携わる保健師になりたいと思った場合も、保健師の転職サイトに相談することをおすすめします。

母子保健に携わる仕事を正規に行いたい場合は、なるべく年齢が若いうちの方が可能性が高くなり、年齢を重ねる度に希望通りに働けなく場合が多くなるので、早めに決断をして行動に移すことをおすすめします。

保健師求人サイト人気ランキング