首都圏企業の産業保健師の就職口は?

首都圏企業の産業保健師の就職口は?

産業保健師は、多くの企業から募集されています。今では保健師になるためには必ず看護師の資格を持っていなければいけないため、看護師から保健師に転職する人も多く、その多くが企業で働く産業保健師を希望しています。

看護師が産業保健師として転職を希望する理由の多くは、夜勤が多く土日でも仕事をしなければいけないという勤務体系に疲れたということが言われていて、特に激務に追われる看護師は、年齢を重ねるとかなり体力的にも精神的にも辛い仕事だと言われています。さらに看護師をしていると医療事故の心配を常にしなければいけないことになり、その点産業保健師だと人の命に関わる問題はまずないので、気楽に働くことができると人気が高くなっています。

首都圏企業の保健師は、日本で一番職場を選べる環境に置かれています。首都圏には日本の大企業の本社も多く、地方に比べると圧倒的に企業数が多くなります。その分産業保健師として働くことができる場所はたくさんあり、その上条件の良い職場が多いのも特徴です。

地方では看護師が産業保健師になりたいと考えても就職先がない場合も多く、特に田舎になると製薬会社もないところも多く、医療関連会社が全くないことも珍しくありません。しかし首都圏だと、製薬会社の他にも産業保健師として働くことができるところはたくさんあって、看護師や保健師の転職率も非常に高くなっています。

首都圏の産業保健師の募集が多く出ているのは、企業内の医務室での健康管理業務や、製薬会社や新薬の開発業務を行う治験関連企業が多く見られます。しかしこのように産業保健師の求人が多い首都圏でも、産業保健師は非常に人気の仕事であるため、条件の良い求人の競争率は非常に激しく、希望通りの転職先が必ず見つかるというわけにはいきません。

首都圏の産業保健師の転職先を見つける時には、保健師の転職サイトを利用することがおすすめで、特に首都圏の好条件の求人は、どこの転職サイトでも数多く取り扱われています。ある程度の経験があって年齢も若い保健師であれば、保健師の転職サイトを利用することでかなり好条件の職場を紹介してもらえる可能性が高くなり、さらに複数の転職サイトを利用することで、より好条件の職場に転職することが可能になります。

さらにあまり経験のない保健師でも、転職サイトを利用することで、以前勤務していたとこよりも条件の良い職場がきっと見つけられるようになると思います。

保健師求人サイト人気ランキング