大学の保健室の保健師求人の需要は?

大学の保健室の保健師求人の需要は?

保健師の中には学校保健師という仕事があり、学校保健師の職場は、小中学校や高校や専門学校、そして大学などと幅広くなっています。しかし学校保健師というのは、 1つの学校に複数人必要ないので、病院などの施設で働く看護師や保健師のように、それほど需要は多くないのが事実です。もちろん学校と言っても数多くあり、それぞれの学校には必ずと言っていいほど保健師はいるので、その分保健師が働く場所はあることになります。しかし学校保健師は人気の職業だけに、それほど欠員がでることがないことも覚えておかなくてはいけません。

大学の保健室で働く保健師の仕事は、他の一般的な保健室の先生とそれほど仕事の内容が異なることではありません。ケガの応急処置を行ったり、具合が悪くなった人の手当をすることには変わりはなく、大きな違いと言えば、他では生徒のケアをするのに対して、大学の保健室では、大学の教職員の健康管理も行うことになるということで、民間の企業の医務室で働く保健師の役割も持っていると考えれば間違いはありません。

さらに大学の保健室で働く保健師の仕事には、メンタルケアも行わなければいけないこともあり、これもある意味、小学中学校や高校でも生徒のメンタル的な相談を受けることもあるので、学校保健師の仕事というのは、どれも似たところがある仕事内容ということが言えると思います。

大学の保健室で働く保健師は、学生や大学の教職員に対して衛生や健康指導を行うことも仕事となっていて、定期的に行われる健康診断では、そのスケジュール管理も行わなければいけません。したがって、ある程度のコミュニケーション能力も必要になる職場ということを認識しておく必要もあります。

大学の保健室に転職するのはそんなに簡単なことではありません。それは前にも述べた通りに、学校保健師は人気の職場で、それほど数の需要がないために、欠員が出た時にそこに入り込んでいくことが必要になります。特に大学が少ない地域では、大学の保健室の求人はほとんど出ない場合もあるので、どうしても大学の保健室に転職を希望する場合は、働く地域をある程度広げることも考える必要があります。

大学の保健室に転職を希望する場合は、保健師の転職サイトを利用することがおすすめになり、この場合も他の職場と比べると募集も競争率も高くなるので、複数の転職サイトを利用して、場合によっては欠員が出るのを気長に待つことも必要になります。

保健師求人サイト人気ランキング