企業健保の保健師へ転職するには?

企業健保の保健師へ転職するには?

企業健保の保健師は、企業で働く産業保健師となり、大企業が運営している健康保険組合においては、即戦力になる保健師が求められる傾向にあります。したがって、経験のある優秀な保健師であれば、企業健保の保健師に転職するのが有利となります。

実は産業保健師には、今問題となっているメタボリックシンドロームやこの予備軍と呼ばれる40歳以上の社員に対して、特定保健指導をすることが義務付けられています。そして企業で独自に運営している健康保険組合は、メタボリックシンドローム予備軍の組合員が決められた期間の中でその状態を改善できなければ、罰金を支払わなければいけないという規則があります。

したがって、本来であれば企業健保の保健師がきちんと企業の社員の健康状態を把握して改善しなければいけないという重大な責任を任されていますが、現実的には定期的な社内健診を行い、その時に数値が悪い場合に指導を行う程度となっている場合がほとんどで、企業健保の保健師はそこまで手が回らないというのが現実となっています。しかし一般的には企業健保の保健師には、経験がある即戦力になる人材が求められているので、そのような保健師は積極的に企業健保の求人があれば申し込んでみることをおすすめします。

企業健保の保健師の求人を探すには、ハローワークや求人誌や一般の求人サイトを見ることはおすすめではなく、保健師専門の転職サイトで探すことをおすすめします。企業健保の保健師の募集は一般的に数多く募集されているわけではなく、特に条件の良い求人は保健師の転職サイトでしか見つけることができないものも数多くあります。

さらに保健師の転職サイトを利用して企業健保の保健師を探すと、経験豊富な保健師でなくても募集が出ていることもあり、その理由は企業健保の保健師は基本的には3年以上の実務経験を求められることがほとんどですが、そのため適材な企業健保の保健師が不足していることもあり、経験の浅い保健師でも企業健保の保健師として採用されることも十分に考えられます。

いずれにしても企業健保の保健師の転職を希望している場合は、保健師の転職サイトを利用することがおすすめで、保健師の転職サイトを利用することにより、企業健保以外でもかなり好条件の産業保健師の求人をいろいろ見つけられることになります。どうしても企業健保の保健師になりたい人も、できるだけ好条件で働きたい人にも、保健師の転職サイトはおすすめになります。

保健師求人サイト人気ランキング